Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

遺産分割協議書

 遺産分割協議書

 遺産分割協議書が必要な場合

被相続人が遺言書を残さずに亡くなった場合、あるいは遺言書があっても相続分の指定がない場合があります。相続人が1人であれば全ての財産を相続すれば済むわけですが、相続人が複数いる場合は、遺産をどのように分割するかを決めなければなりません。

このとき、遺産の相続の割合は法定相続分による必要はなく、相続人全員の合意があれば自由に決めることができます。相続人全員が合意したら、それを文書の形にしておけば、のちのち紛争が起こることを防ぐことができます。その文書のことを「遺産分割協議書」とよんでいます。

遺産分割協議書の書式には、決まった書式はありませんが、以下のことに注意が必要です。

  •  遺産の内容については、できるだけ正確に、かつ具体的に記入する。不動産に関しては、不動産表示や住所など登記簿謄本で、確認を取っておく。
  •  遺産分割協議書には、必ず相続人全員の署名捺印が必要で、印鑑は実印を使用する。
  •  相続が開始されたときから10カ月以内に、相続税の申告が必要となるので、遺産分割協議書もなるべく早く作成しておく。

 遺産分割協議書作成は当事務所にお任せください

 当事務所へ連絡

まずは当事務所へご依頼の旨をご連絡ください。
電話:03-5487-3029(月~土9時~18時)
またはお問い合わせフォーム

 ご相談、お申し込み、費用の振り込み

当事務所からお客様のもとへ訪問のうえ、遺産分割協議書作成に関するご相談をいたします。お客様がご納得いただけましたら、お申し込みをお願いします。そして、必要費用の半額をお振り込みください。
(振込先)
・ご依頼をいただいた際にお知らせいたします。

 遺産分割協議書の作成

当事務所にて聞き取り調査をもとに、遺産分割協議書を作成いたします。

 遺産分割協議書の完了のご報告

当事務所からお客様のもとへ訪問のうえ、遺産分割協議書の内容をご確認いただきます。

 費用の振込み

お客様が遺産分割協議書の内容にご納得いただけましたら、必要費用の残額の振り込みをお願いいたします。

必要費用

遺産分割協議書作成報酬 >>料金表をご参照ください。

 お問い合わせ・ご依頼は

お問い合わせ・ご依頼は、行政書士山口誠治事務所へ
(メール・FAX受付:24時間OK、電話受付:9:00~18:00)
TEL・FAX:03-5487-3029
MAIL:こちらからどうぞ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional