Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

相続の遺留分

 相続の遺留分(いりゅうぶん)

民法で保障されている相続人の取り分

相続の遺留分とは、法定相続人が最低限相続できる割合のことで、相続人によって遺留分の割合が変わってきます。

一般的な例として、遺言書による相続の場合、この遺留分を侵害する遺言でも法的には有効となっています。しかし、法定相続人が遺留分を主張することによって、遺留分を相続することができます。

実際には、いったん遺言書どうりに相続が行なわれ、その後で遺留分を返してもらうことになります。つまり、最初から遺留分を直接受け取ることはできません。

遺留分の割合は、具体的に以下のようになっています。

  •  被相続人の兄弟姉妹には、一切遺留分はありません。
  •  被相続人の直系尊属(=父母、祖父母)だけが相続人の場合・・・遺産の1/3
  •  上記以外の場合・・・遺産の1/2

・例えば、相続人が配偶者と2人の子のケースでは、
被相続人が3,000万円の遺産全額を、愛人に贈るという遺言をしていた場合、その1/2の1,500万円は遺留分となり、配偶者と2人子で、この1,500万円を配分することになります。

・また、相続人が両親だけのケースでは、
3,000万円の遺産の1/3である1,000万円が遺留分となり、父と母それぞれに500万円ずつの配分となります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional