Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

古物商許可申請

古物商許可申請

「古物商」とは

「古物」を取り扱う営業のことを「古物営業」とよびますが、この「古物営業」は次の3つに分類されます。

1号営業(古物商)

古物の「売買」、「交換」、「委託を受けて売買」、「委託を受けて交換」を行う営業

(古着屋、古本屋、中古ゲーム・CDショップ、中古家具屋等)

2号営業(古物市場主)

古物商間の古物の売買又は交換のための市場(古物市場)を経営する営業

3号営業(古物競りあっせん業)

古物の売買をしようとする者のあっせんをインターネット上で競りの方法により行う営業

(インターネットオークション)

※リサイクルショップやアンティークショップなどを営むときは、1号営業の「古物商営業許可」を受けることになります。

「古物」とは

次の3つは「古物」とされます。

  • 一度使用された物品
  • 使用の物品で使用のために取引されたもの(新古品)
  • これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

したがって、実際は一度も使用されていない物であっても、いったん人の手に渡った場合は全て古物とされます。

例えば、まだ封を開けていないお中元やお歳暮であっても、法律上は古物とされてしまいます。

古物商許可許可が必要な場合

古物に関する取引をするには、各都道府県の公安委員会の許可が必要とされています。無許可で営業すると、法律で罰せられ、刑罰が科される場合がありますから注意が必要です。古物を買い取る場合には、原則的に古物商許可が必要となると考えておきましょう。ただし、取り扱う物品が、金属原材料の場合など、「古物」に該当しないとされることから許可が要らない場合もあります。

古物商許可申請が不要な場合

次の行為をする場合は古物商の許可は不要です。

  • 自分の物(自分で使っていた物、使うために買ったが未使用の物)を売る
  • 自分の物をオークションサイトに出品する
  • 無償でもらった物を売る
  • 自分が売った相手から売った物を買い戻す
  • 相手から手数料を取って回収した物を売る
  • 自分が海外で買ってきたものを売る

 古物商許可申請代行は当事務所にお任せください

 当事務所へ連絡

まずは当事務所へご依頼の旨をご連絡ください。
電話:03-5487-3029(月~土9時~18時)
またはお問い合わせフォーム

 ご相談、お申し込み、費用の振り込み

当事務所からお客様のもとへ訪問のうえ、古物商許可申請に関するご相談をいたします。お客様がご納得いただけましたら、お申し込みをお願いします。そして、必要費用の半額をお振り込みください。
(振込先)
・ご依頼をいただいた際にお知らせいたします。

 古物商許可申請に必要な書類の作成

当事務所にて、古物商許可申請に必要な書類を作成いたします。

 古物商許可申請に必要な書類作成の完了のご報告

当事務所からお客様のもとへ訪問、あるいはご連絡のうえ、古物商許可申請に必要な書類の内容をご確認いただきます。

 費用の振込み

お客様が古物商許可申請に必要な書類の内容にご納得いただけましたら、必要費用の残額の振り込みをお願いいたします。

必要費用

古物商許可申請代行報酬 >>料金表をご参照ください。

 お問い合わせ・ご依頼は

お問い合わせ・ご依頼は、行政書士山口誠治事務所へ
(メール・FAX受付:24時間OK、電話受付:9:00~18:00)
TEL・FAX:03-5487-3029
MAIL:こちらからどうぞ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional